HOME > パワーストーンの浄化方法

 

パワーストーンの浄化方法
  パワーストーンの浄化方法

パワーストーンの効果を最大限に引き出すには浄化が必要です

  • 石が受けた様々な気を浄化することでクリアな状態に戻します。
  • 浄化を行うことで、石たちは元気を取り戻し、石本来のパワーを引き出させることができます。
  • パワーストーンに輝きがなくなってきた、効果が弱くなってきた、色が曇ってきた等と感じられた場合は適切な方法でパワーストーンを浄化してあげましょう。
  • 浄化のタイミングとしては、月に1〜2回行う程度がベストですが、あなたが「浄化が必要」と思ったら行ってあげるのも良いでしょう。

水による浄化

パワーストーンを手に持ち、流水で数秒間洗い流します。(水道水でも構いません) 水気を切ったら柔らかい布で傷をつけないように優しく拭き取ります。その後は日光浴や月光浴を行うと効果的です。

※水に弱い石や金属を用いたアクセサリーは長時間水にさらすとヒモや金具などの劣化が早まる恐れがあります。
※避けた方が良い石…カルサイト・ヘマタイト・オパール・真珠・ターコイズ・ラピスラズリ・ハウライト・アラゴナイト・エンジェライト


塩による浄化

容器に自然塩を入れ、その中にパワーストーンを埋め込み、静かで清潔な場所に一日置いておきます。
その後は流水できれいに流し、柔らかい布で優しく拭き取ります。
浄化に用いた塩は使わずに捨てて下さい。

※水に弱い石や金属を用いたアクセサリーには不向きです。
※避けた方が良い石…カルサイト・アラゴナイト・マラカイト・ラピスラズリ・エンジェライト


日光による浄化

太陽の光に当てる浄化方法です。
午前中(7時〜10時)の時間帯に太陽光に10分間程当てます。
光が弱い場合は2〜3時間程当てて下さい。

※避けた方が良い石…紫外線に弱い石。アクアマリン・アメジスト・アンバー・インカローズ・エメラルド・オパール・シトリン・パール・翡翠・フローライト・ラリマー・ルビー・ローズクォーツ


月光による浄化

  • 窓の外に一晩置いて月光に当てます。月光の当たる場所であれば室内でも大丈夫です。
  • 浄化には新月から満月の夜が適しており、満月の夜が最も効果的です。
  • この浄化方法は全ての石に使用可能ですのでおすすめです。
  • ムーンストーン・ラブラドライト・モルダバイト・ギベオンなど月の光を好む石に最適です。

土に埋める浄化

  • 浄化の際には柔らかい布で包んでから、日当たりの良いきれいな土の中に1ヶ月程埋めます。
  • 日当たりの悪い湿気の多い場所の土は避けましょう。
  • 掘り出したら水で洗い流します。

※地中は水分量も高く、水で洗い流すので水に弱い石は避けて下さい。


お香による浄化

  • お香を炊き、その煙の中にパワーストーンを数回くぐらせます。
  • ほとんどの石に有効ですが、長時間行うと変色する恐れがあるので注意が必要です。 使用するお香は化学成分が入っていない天然素材のものを使用して下さい。
  • セージの葉での浄化が一般的です。
  • ※避けた方が良い石…ダイヤモンド・クリスタルなどの透明な天然石


水晶による浄化

  • 浄化したいパワーストーンを水晶クラスターの上や側に一晩ほど置きます。
  • クリスタルのさざれ石をお皿に乗せ、その上にパワーストーンを寝かせる方法もあります。
  • 水晶はそれ自体が非常に強力な浄化作用を持っているので、日頃からの浄化にもおすすめです。



giftbox

size info

size info

color meaning

color meaning



Page Top